キャベツダイエット

MENU

食べて痩せるダイエット・キャベツダイエットの効果と方法

キャベツダイエットの効果

 

 

ダイエット方法は色々ありますが、比較的メジャーなダイエット方法としてキャベツを用いるキャベツダイエットがあります。キャベツは炭水化物代わりに摂取可能で、低カロリー食材とされています。キャベツは一日の摂取するカロリー量を大幅にダウンさせることができ、ダイエットに効果があるとされています。実際の食事量が少なくてもキャベツダイエットの場合ですと、満腹感を得る事が出来ます。

 

適度に歯応えがあり、食物繊維が豊富なキャベツは、意識せずとも噛む回数が増えて少ない量で満腹信号が脳から発信されますので、ダイエット補助食として最適な食材です。脳の満腹指令を出す場所は、ある程度は咀嚼に連動していると言われています。キャベツをダイエットに活用する時の注意点として、キャベツを食べやすくするためのドレッシングのかけすぎはカロリーオーバーの原因です。

 

キャベツダイエットのキャベツは主食代わりという位置づけなので、他のおかずと共に食べます。食事前に一定量のキャベツを食べ、主となる食事を減らすという方法もあります。ダイエットでキャベツをする方法のデメリットは、キャベツ単体では栄養が十分ではなく体への負担が大きく、ダイエット後のリバウンドが危惧される点です。自分に合ったダイエット方法や効果的ともいえるダイエット方法を探すことが大切です。キャベツダイエットは癖のあるダイエット方法かもしれませんが、それが体質や気性に合うという人ならきっと楽に続けられるでしょう。
ダイエット成功の近道は漢方薬です。

 

防風通聖散という漢方薬は脂肪燃焼してくれるのでおすすめです。

 

多くのメーカーから出ていますが生漢煎がおすすめ

 

>>生漢煎の詳細はこちら

 

キャベツダイエットの方法

 

 

何をすればキャベツダイエットになるでしょう。食事を摂るときにパン類や米類ではなくキャベツを食べるというものがキャベツダイエットです。キャベツはざく切りや千切りなど食べやすい切り方で食べます。キャベツダイエットでは、生のキャベツを食べることが基本ルールとされています。キャベツは熱を通しても通さずとも食べることができる、食物繊維と水が大半の健康的な食品といえるでしょう。

 

キャベツ料理を作るときは、カロリーの高い調味料を使うのは厳禁です。濃い味付けをしたくなるのは分かりますが、ダイエットの意味がなくなってしまいます。キャベツダイエットで一番良い調理方法は、味付けナシの千切り状態がベストです。けれども、いつも味なし千切りキャベツを食べ続けていられるという人はごくまれです。キャベツダイエットは、キャベツを食べ続ける方法を考える必要があります。

 

キャベツダイエットを長続きさせるためにも、キャベツに好みの味付けを施しましょう。ノンオイルのドレッシングを作ってみたり購入するなどして、キャベツの味を調えてみてください。香り塩やポン酢など、好きな味付けをしたキャベツを摂取して、キャベツダイエットを無理なく長続きさせてください。高カロリー品であるオイル入りドレッシングやマヨネーズはキャベツダイエットには不向きなので、これらは除外して味付けをしましょう。

 

 

キャベツダイエットの注意点

 

 

留意したいことがキャベツダイエットにはあります。キャベツダイエットに取り組む場合は、キャベツだけの食事で終わらせてしまわないようにしてください。キャベツダイエット中はキャベツだけで食事をするという考え方は正しくはありません。キャベツダイエットとは食事をまるまるキャベツに置き換えるというものではなく、主食をキャベツにするという方法なので、キャベツ以外には主菜や副菜を食べることになります。

 

キャベツをよく噛んで食べることによって少量でも満腹できる状態にしながら、少量のおかずで満足できるような環境を整えるとダイエットに効果的です。キャベツのみの食事では偏食になってしまうので注意しましょう。キャベツのアレンジにも気をつけましょう。ダイエットには生のキャベツが最も適していますが、食べやすさを求めてついつい高カロリーのドレッシングやマヨネーズに頼ってしまいがちです。ここでカロリーの高いものを添加すると、ダイエット効果も半減です。

 

キャベツに味付けをするなら、レモン汁やポン酢、ノンオイルドレッシングなどカロリーの低いものがいいでしょう。キャベツダイエットを成功させるポイントは、味付けを工夫して飽きないメニューにすることです。キャベツダイエットを成功させるためには、どんな食べ方ならキャベツが楽しく食べられるかを考えることが欠かせません。